彫金職人”ともさん”の仕事と趣味の話

鎚の音 ~つちのおと~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

漢字一文字チャーム 発売記念特別価格にて販売中です。

当工房にて販売中の漢字一文字チャームですが、特別価格の期限(12月28日まで)が残りあと一週間ほどになりましたので、こちらでも告知をさせていただきます。


以下、タバサ工房日記からの転載です。


kanji.jpg


あなたのお好きな文字、一文字をシルバー925製のチャームにいたします。



あなたご自身や、好きな人のお名前をあらわす一文字

夢や理想をあらわす一文字

一生をかける仕事や目標をあらわす一文字



その人それぞれ、大切な一文字があると思います。

その一文字をシルバー925製のチャームにいたします。


完全受注生産になりますので、製作時間はご注文の混み具合によって変わります。

現在の納期は、約2週間です。

また、現在、期間限定にて発売記念特別価格にて提供中です。


詳細はこちらから




PageTop

職人さんは頑固?

「職人さんって頑固だよねぇ・・・」

よく聞く話ですが・・・
本当に職人さんって頑固なんでしょうか?

辞書によれば頑固とは

「他人の意見を聞こうとせず、かたくなに自分の考えや態度などを守ること」

・・・とありますが。



昔、ウチでもありました。

業者さん: 「この枠にこの石を留めてもらえないかなぁ」

私    : 「いや、これはむりですねぇ。ここの寸法が足りないですねぇ。」

業者さん: 「そんなこと言われても困るんだよー。これより小さい石なんてないからさ~。」

私    : 「でも、このままじゃあフチが切れちゃいますよ。」

業者さん: 「だからさぁ~。これより小さい石はないんだってばー。」

私    : 「だったら枠の方を少し・・・(業者さんの顔色をみて)・・・
        しょうがないなぁ・・・わかりました。なんとかしてみます・・・けど・・・あとの仕上げ、
        大変になると思いますよ。わたしゃ知りませんからね~。」

きっと仕上げ屋さんは泣いたんだろうな~。




あれっ?

頑固なのはどっちだ?





PageTop

3Dデータ

昔、作ったリングのデータ

3d003.jpg



下穴あけて、メレーダイヤが留まるように改作中です。

3d002.jpg




PageTop

彫金屋さんではありますが......指輪も作ってます??

彫金屋さんというと一般の方には指輪やペンダント等を作っていると思われがちですが実際にはちょっと違うんです。

ジュエリー業界では制作者と彫金師とは分けて考えられています。

"○△彫金" あるいは "○△彫金社" といった場合、すくなくとも私のまわりでは、図柄を彫る 彫り屋さん か 石留め屋さん がほとんどでした。

文字通り金属を彫る仕事なんですね。

"ん?なんで石留め屋さん?"と思われた方・・・

石留めはその技法によって何種類かに分けられますが、大雑把に分けると"爪
留め"と"彫り留め"の二つに分けられます。

爪留めは石を留める為の石座や爪が制作者によって作られていて、そこに石を留めます。

それに対して彫り留めは何もしていない面に 鏨(タガネ)で彫りを入れることで爪となる部分を作って石を留めます。つまり "金属を彫る仕事" 彫金屋さんの仕事なんです。

うちの屋号は "太田彫金" です。
ですから、業者の方からいただく仕事はほとんどが石留めです。

ですが、もともと私、制作者を目指してました。
それが、いつの間にか 石留めの職人になってしまってました。
ですから、もの作りをしている時の方が夢中になって仕事してます。

ごく一部、制作もしていると知っている業者の方が
"こういうの作りたいんだけど" といってご相談に来てくれます。
ありがたいことです。

難しい品物の時は 古くからの友人である細工屋さんに手伝ってもらったりもしますが、
それでも出来上がった時は達成感があり嬉しいものです。




PageTop

ちょっと宣伝です。

先日、石の話の時にご紹介したこちらのリングですが、

mensring3.jpg


Tabitha の方で通常販売を始めましたのでよろしければご覧下さい。

こちらからどうぞ。

サイズは16号位から対応可能です。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。